40代からの激芯アイアンマスター|株式会社MTイノベーション

40代からの激芯アイアンマスター

40代からの激芯アイアンマスター(株式会社MTイノベーション)

40代からの激芯アイアンマスターとは

幼少期から何も考えずにポンポンとアイアンが打てていたプロの理論ではアイアンの悩みは一切解決されません。
なぜなら、普通のプロはアイアンが打てなくて悩んだことが今までほぼ無いからです。
アイアンに悩みに悩んだプロが自分のために開発した「40代からの激芯アイアンマスター」なら、アイアンを苦手としたゴルファーの悩みを動画で解決に導いてくれます。

商品種別:DL

商品内容:動画視聴サイト

販売者名:株式会社MTイノベーション

▼いますぐチェック!▼

40代からの激芯アイアンマスターの公式ページへ

管理人よりワンポイント!

株式会社MTイノベーションさんのスポーツ系の商材、40代からの激芯アイアンマスターに関するあれこれですが。 正しいフォームで球を投げる事が出来れば、肩や肘に余計な力を入れなくても下半身や体幹のエネルギーをきちんと球に伝達する事が出来、球に強い力が加わり、球速アップに繋がるのです。参加資格はフルマラソンとハーフマラソンが18歳以上、10kmが16歳以上。もちろん、練習を重ねればどんな投法でもコントロールと速度を身につけることは出来ますが、投球フォームによって必要な筋肉や体格にも違いがありますから、とりあえずはオーバースローで練習することをお勧めします。でも、パターは練習場に行かなくても狭いスペースでもある程度の練習が可能ですから、ぜひ手が空いたらパットの練習を心掛けていただきたいものです。まず、相手からの返球を腰よりも低い位置で受ける際には、アンダーハンドパスを使います。最初の練習メニューには、自宅を起点にして、歩くような早さで無理の無いペースで往復20分ずつくらいコンスタントに走るというメニューを取り入れてみましょう。腕を内向きに回しつつも外側にねじりながら、小指と薬指の間から抜くようにして球をリリース。初心者の間は、ともかくブレイクラインの中央に手球を置くよう心がけてください。基本的にマラソン中に気を付けなければならないことはまず、水分をよくとることです。腰痛に対しても効果があるようです。

▼いますぐチェック!▼

40代からの激芯アイアンマスターの公式ページへ